OPCELに合格しました

OPCEL is 何?

OPCELはOpenStack Professional Certification Exam by LPI-Japanの略称で、LPICなどでおなじみLPIジャパンが開催するOpenStackの技術者認定試験です。

OPCELアカデミック認定校での研修

大変ありがたいことにOPCELアカデミック認定校での研修を会社の施策で受講する事ができました。当然最低限操作するためのUnixの基礎知識は必須となりますが、仮想化の基礎からしっかり研修で教育していただけるのでとても有益なものかと思います。

ですが残念な事にOPCELを合格するにはこの研修を受講したから合格できるか、と言うと余程物覚えと理解力が高くないと無理でしょう。試験範囲が多岐にわたるためそれらを一通り理解せねばならず、おおよそ1週間程度の研修だけでは難しいと考えています。もし研修を受講する機会があるのであれば、おさらいのチャンスに用いる事をお勧めします。

学習プラン

まずはOpenStackの概要と、とりあえず自習環境を構築できるだけの知識を身につけることをお勧めします。おすすめの図書としてはOpenStackユーザー会も監修しているOpenStackクラウドインテグレーション オープンソースクラウドによるサービス構築入門です。

OpenStackの生い立ちや概要を学べ、またインストールについても手順として載っていますのでこちらを参考に触ってみる環境を構築する事も出来ます。ただどんどん新しくなっているOpenStack、ちょっと古いこの本ではそのまま構築出来ないかも知れません。そんな時はやはりblogやslideshareなどで最近の情報を調べてみたりする事が必要になってきます。またHands-Onなども時折開催されている事があります。conppassなどで情報収集してまずは学習環境を構築する事に注力してみてください。

構築にあたっては1度で構いません、Source Codeを持ってきてすべて手でインストールしてみる事もお勧めです。devstackやRDOなどOpenStack環境を構築するツールはとても便利ではあるのですが、その中でどんな事をされているのか、それを知るには手で入れてみると理解が深まります。じゃあその手順は?と言うとこちらは日本仮想技術株式会社さんがgithubで公開されている手順書があります。様々なVersionがありますが選ぶならkiloかmitakaがお勧めです。kiloはOPCELの現在の試験のベースとなるバージョンですので試験対策としてはkiloが良いでしょう。

もちろん手ですべてをインストールした環境で学習するのも良いですが、様々操作した結果動作がおかしくなってしまったりした時、何が悪かったのか追いかけるのが大変です。もちろん不具合を追いかけることも学習につながりますしお勧めしますが、普段の学習環境としてはdevstackを用いて様々環境を変えて学んでみると良いと思います。

操作の学習はGUI→CLI

操作を試すならまずはWebブラウザでHorizonを操作しで、その後同じ事をCLIでも出来るように学習すると良いと思います。Horizonで操作してみて例えばインスタンスを起動する(VMを作成する)とこんな動作になるんだなと理解したら、同じ事を実現するコマンドを考えて操作してみて、その結果はHorizonにも現れますのでコマンドの結果がわかりやすいです。

複数台構成で勉強したくなる!

しばらくAllinOne環境で学習していると複数台構成で勉強したくなってきます。メモリをふんだんに搭載したデスクトップPCであれば何ら問題ありませんがノートパソコンやタブレットPCだとそうも行きません。そんな時は是非cloudやvpsを活用してみてください。ConoHaに複数台構成を構築するなど参考になるかと思います。

だいたいこんな感じ

試験については当然詳しくかけませんので、私が学習するにあたって実施した事を記載してみました。学習期間としては4月からなのでおおよそ11ヶ月ですが、まぁ残業なども多く時間もあまり取れなかった事もあるので、しっかり取り組めれば半年位かも知れません。

あけましておめでとうございます。

我が家のおせち

今年もどうぞよろしくお願いします。

この年末年始はZWIFTデビューしたり少しずつ自分を変えていこうと鼓舞するスタートでした。例年よりも休みの日数は少なくてイマイチじっくり何かに取り組む時間は取れませんでしたが、何かまたしっかり足下固めていきたいですね。

今年の目標

まずはダイエット!

ちょっとワクワクするよ、HP Elite X3

HP Elite X3 とノートドック

hpの製品発表会でHP Elite X3実機を触ってきました。

WindowsPhone自体はかつてNokia製スマートフォンを触っていましたので特に操作に違和感はありません。大きくは変わっておらず、今回新たな機能として追加されているContinuumがとても気になります。そしてContinuumの活用にとても役立つノートドックがとても気になっていました。

ですので本記事はどちらかと言うとHP Elite X3本体よりも周辺機器を用いた「運用」について書いてみたいと思います。

上記写真のスマートフォンがHP Elite X3です。6インチFHDのディスプレイやSnapdragon 820と言う強力なCPUそしてメモリも4GB搭載です。スマートフォンとしてそこまで必要か?と言うのもありますがContinuumを活用する上でそのくらいは必要なんでしょうね。

そして、ノートパソコンの様に見えるのが周辺機器のノートドックになります。このノートドックにはOSは載っておらず単体では何の役にも立ちません。HP Elite X3と繋ぐとWindowsノートパソコンの様に使える様になります。注意点としてはあくまでスマートフォンの画面を転送している感じなので、用いる事が出来るのはWindowsStoreでダウンロード出来るUniversal Windows Platform(UWP)アプリのみとなります。例えばTeraTermなどの従来のWindowsアプリケーションは使えません。MicrosoftOfficeもマクロやVBSが使えないものとなります。業務等でVBSを活用しているシーンは多いと思いますが、その場合にはRDPを活用するなどの必要があります。自前で用意しても良いでしょうし、HP Workspaceと言うサービスも提供するようです。

ノートドックとElite X3の接続はワイヤード(USB-C)でもワイヤレス(Bluetooth)でも可能で、NFCで簡単接続出来ました。でも安定性としてはUSB-Cでの接続を推奨する様です。USB-Cのポートは3ポートありますが、画面に表示されている1ポートだけがContinuum対応である事が確認出来ました。USB-Cだしどのポートでも大丈夫そうなんですけれどね。ちなみにノートドックの充電自体はどのポートでも大丈夫でした。

desktopでも使いたいですよね

デスクトップで使う場合はデスクドックが便利です。ドックの背面にはDisplayPort端子とRJ45端子、USB3.0が2ポートとUSB-Cが1ポートありました。必要十分ですね。こちらもドックに接続した瞬間にContinuumが有効になりすぐ作業を広大なモニタで快適に使える様になります。ドックは結構な重さがありどっしりとした安定感がありました。抜き差しの際にあまり軽いと持ち上がってしまったり面倒ですものね。もう少し重くても良かったのではないかと思いますが、ほんのたまに持ち上がってしまう程度で基本的には問題なく快適に使えそうでした。

プレゼンもContinuum
プレゼンテーションではContinuumを用いてElite X3の良さを熱く語られておりました。iPhoneとAppleTVを用いたりしてもスマートにiPhoneだけでプレゼンテーション出来ますのでこれがアドバンテージになるか?と言うとまだまだ微妙ですがビジネスシーンでAppleTVの環境はまず無いですし、EPSONのプロジェクタであればアプリを導入してiPhoneやAndroidからもワイヤレスでプレゼン可能ですがまだまだこちらも主流となっていません。ContinuumをWindowsPhoneだけのアドバンテージとせず、一部便利機能はもちろんWindowsPhoneに限ったとしても最低限の機能をAPI公開してiPhone/Androidでも使える様になったりすると、Continuumが使える世界が増えて良いのかなぁとも思います。

最後にロゴについて、Elite X3には短い斜線が4本並んだだけの最新のロゴが採用されています。こちらはプレミアムなブランドとしてプレミアム製品に用いていくロゴの様です。しかし、ノートドックは旧ロゴ(丸いhpロゴ)となっています。このミスマッチ感がちょっと残念に思いました。せっかくプレミアムなElite X3を持ち歩いているのに出先のカフェでノートドックを開こうとすると、そのノートドックはプレミアムでは無い旧ロゴなのです。ノートドック自体もマットブラックにシルバーと昨今のプレミアムな美しいゴールドをあしらった端末からすると見劣りしてしまいます。まぁビジネス向け端末と言う事でプレミアム感よりは気軽に使い倒せる、と言う所が重要なのかも知れませんね。

そんなこんなでContinuumを体験してみて、Cloudを活用した生活を既にしているつもりではいるのですが「たまにうっかりローカルに保存してそのままにしてしまう」事があり、情報にアクセスしようとして「あっ、しまった!」と気付くことがあります。Continuumであればデスクトップとして使うデスクドック環境であれノートパソコンとして使うノートドック環境であれ、どちらも同じ端末の同じ環境となるので、確実にスマートな生活がおくれそうです。いいね。

RICOH GR IIへAndroid6.0.1の端末でアクセスする

Image Sync起動画面
Image Sync起動画面

RICOH製デジタルカメラ、GR IIを愛用しています。昨今のデジタルカメラはWi-Fi機能が付いており、撮って出しをするのにとても便利。私も趣味としているサイクリングやバイクでのツーリングの欠かせない機能と考えています。ちょっと前までのデジタルカメラにはそんな機能はありませんでしたからEye-Fiを買ってみたりFlashAirを買ってみたり。とにかく旅の荷物は減らしたかったのです。もちろんスマートフォンのカメラもどんどん高性能になってますし、私自身スマートフォンを買うとき一番に気にするのがカメラの性能だったりします。それでもやっぱりカメラには全然かなわないですよね。やっぱりデジカメは欠かせないのです。

Continue reading RICOH GR IIへAndroid6.0.1の端末でアクセスする

quick-devstack検証環境をConoHaに構築する

ConoHa上にAll-in-one環境を構築出来たならこのエントリーは無くともquick-devstack環境を構築出来る方がほとんどだと思いますが、ちょっとしたメモとして残しておきます。ConoHa上にDevStack環境を構築するので基本的な事項は先のエントリーを参照してくださいね。ここではquick-devstack環境(3ノード環境)を構築する時のメモになります。

quick-devstack環境は複数ノードを試験する際に便利な3ノード環境をDevStackで構築するときに便利な環境となります。

必要な環境の詳細はquick-devstackのREADME.mdに書いてありますが、今回は下記環境で構築しました。
ConoHaでサーバ追加画面で変更した処を記載しています。(それ以外はdefault)

quick-devstack-servers

  • stack01:メモリ4GB,ubuntu,14.04(64bit)
  • stack02:メモリ4GB,ubuntu,14.04(64bit),SSD250GB
  • stack03:メモリ4GB,ubuntu,14.04(64bit),SSD250GB

余談ですがConoHaではSSD50GBが標準ですが、stack02/03の様にSSD250GBを選択すると、vdaとして50GB割り当たりvdbとして200GBが割り当たります。stack02/03ではquick-devstackのそれぞれのフォルダのsetup.shを確認するとわかりますが、cinder-volumesとしてvdbをフォーマットします。丁度よいですね。

Continue reading quick-devstack検証環境をConoHaに構築する

ConoHa上にDevStack環境を構築するTips

ConoHa上にDevStack環境を構築しようとしてちょっと詰まってました。去年くらいまではConoHaではnested KVMが有効だったようで、苦なくDevStack環境を構築出来たみたいです。実際検索をしてみるとそれらしきBlogや雑誌社のBlog記事も見つかります。

しかし実際に先のエントリーの通りでDevStackのインストールは出来るものの、インスタンスを起動する事は出来ていませんでした。これはnested KVM環境では無くなった事でもうDevStack環境は構築出来なくなったものなんだろう、と勝手に思っていました。

しかし、そもそもOpenStackってlibvirtを制御してクラウドサービスっぽいものを作る基盤、って考えたらlibvirtでqemuが動くなら別にインスタンス立ち上げるのはKVMに限る必要は無いしqemuで動くんじゃないの?と思い始めました。実際nova.confの設定にはvirt_type=qemuと言う設定があります。つまりnested KVM環境では無くなった事で手軽に構築出来なくなったけど、実際動かない原因とは別なんじゃないか、と言う疑念が浮かんだので今週ちょっと時間を作ってちゃんとログを追っかける事にしました。

Continue reading ConoHa上にDevStack環境を構築するTips

現在の室温をtweetしよう

連休に自宅サーバをこれまで愛用していたHP社製microserverからRaspberry Pi3へリプレイスしました。microserverでは地味にRAID1+0環境にしてたりして安心確実ストレージとなっているのですが、日常からHDDを4本も回してなくていいんじゃ?と言う事が事はじめです。とは言えストレージサーバとしてはとても信頼おける状態となっていますので、時折WakeOnLanで起こしてはバックアップ先として活躍して頂く予定で、普段使いはRaspberry Pi3につないだシングルのHDDでも問題ないよね、という感じです。

さて普通にLinux環境が動くRaspberry Piですのでサーバ構築はそれこそ鼻歌交じりで完了します。何も躓くところはありません。そしてコンパクトになり各種センサーを接続するGPIOが接続しやすく、となると色々センサー繋ぎたくなりますよね。

我が家ではCITIZENの電波時計をリビングや寝室に置いてあり、これには温湿度計が付いています。脱衣所や窓辺にはそれぞれ脱衣所の室温や外気温(屋根裏にも設置してあります)を測るための温度計を設置してありますが、それぞれ独立した温度計でその時々の温度しか知る事が出来ませんしその場に行かねばわかりません。

じゃあRaspberry Piを設置するリビング位Raspberry Piに計測させて遠隔でも見れるようにしたらいいよね。と言う事でこの連休に色々パーツを買いそろえて表題の通り室温をTweetするまで作りました。

Continue reading 現在の室温をtweetしよう

ConoHaにDevStack環境を構築

愛用のThinkPadならVMwareで動作するので問題ありませんが、こうがっつり検証環境を持ち歩いたりする必要に駆られる時以外はThinkPadは持ち歩きたくないのです、重いし。普段はそんなCPU必要無い事ばかりですし、そんな時はタブレットPCを持ち歩いています。

でもそんな時でも時折検証を取りたくなります。今後も検証用にずっしりとしたPCを持ち歩くのか?と言われるとそれもなーって感じで、自宅にデスクトップを置いてそこへリモート接続するなりしたら良いのでしょうけれど、電源入れっぱなしのサーバを自宅で運用するのも今時じゃないかもね?っていう事でVPSサービスを用いて環境を作っておく事にしました。そのためにはハイパーバイザがネスト可能となっている必要があり、これが可能なVPSはいくつかあるのですが安価で使いやすいのでGMOのConoHaが選ばれている様です。

Continue reading ConoHaにDevStack環境を構築

DevStackを会社のProxy環境下でも構築したい

自宅での検証環境としては愛用のThinkPadにVMware Workstationを入れてその上でUbuntuを動かしそこでDevStack環境を構築しています。とても快適です。しかしあくまで個人の環境なので会社で仕事中に検証として使えません。会社ではちゃんと会社のNWで使える検証環境を構築せねばなりません。

会社の環境と自宅の環境で大きく違うこと、会社によって全然ここは異なりますのでこのエントリーで完璧とはならないかと思いますがここはあくまでそんな環境もあるよね、という話です。自宅のルータ下でも会社のNWでもNAT環境で端末に割り当てられるIPアドレスはプライベートIPである事がほとんどかと思います。そこまでは一緒ですが、会社の場合はProxyの設定がされる事が殆どです。自宅の場合はルータでNAT変換されるだけですが会社ではhttp/httpsの通信はproxy環境にありcacheを用いた通信量の低減だったり内容の検閲といった事をされている事が多いです。またproxy利用に認証が設定されており、認証情報を持っている方のみが使えるようになっていたり(たとえば社員は使えるけれどアルバイトには利用を制限させるとか)、そもそも認証する事でたとえばエッチなサイトを見に行ったIDは誰かとかがすぐに判別が出来るなどの用途もあり、proxyとセットで認証されている事が多いです。
Continue reading DevStackを会社のProxy環境下でも構築したい

GoogleDocsに書いた文章をWordPressに投稿できるらしい。

以前Microsoft Word2007以降からはWordPressを含む様々なBlogに投稿できるようになってるんですよ、ってのを紹介しているのですがGoogleDocsでも投稿できるんだそうです。Chromeの機能拡張なんかをウェブストアで検索していて知りました。

と言う事でこれはテストエントリーです。

もちろんMicrosoft Wordと同じく様々な装飾をかけられます。

ボールドイタリックアンダーライン。それぞれ当然のようにショートカットで設定できますから便利ですよね。

当然ですけれど画像も貼りこむ事が出来ます。きっとちゃんとアップロードしてくれるのかな。便利に使えそうな予感がちょっとだけします。

Continue reading GoogleDocsに書いた文章をWordPressに投稿できるらしい。