台湾旅行1日目

台湾旅行1日目

プリペイドSIM

実に5年ぶりに台湾旅行にやってきました。前回は台風一過のものすごい晴天の中台北を楽しめましたが、台風の影響で台南の電車がダメで新幹線も走らない状況でした。それなりに日程取っていたので台北満喫と言う旅になりました。
今回は天気予報を東京で見ていた時は旅行期間中の台北の天気が「曇り一時雨」みたいな感じになっていたので「まぁ台風よりはいいか」と言う程度に楽しもうと思っていたのですがいざ来てみたらピーカン。このまま全日程お天気に恵まれるといいな。

さて今回はまずスタートからちょっと違います。出国する際に出国審査にそれなりに並ぶと思います。パスポート見せてハンコ貰うところです。今回は出入国審査自動化ゲートと言うのを使ってみました。事前登録は必要ですがパスポートをかざして指紋照合するだけで審査完了、とても簡単でとてもスピーディ。たまにしか通らないところなので別に・・・とも思いますが、帰国時は疲れていち早く家に帰りたいですから特に帰りに便利に使えるかもしれませんね。自動なのでスタンプが貰えません。スタンプがあると「旅した!」って気分にもなりますのでちょっと寂しいところ。ゲートの隣に事務所がありますのでそこにいけばスタンプ押して貰えるのですが何のために自動化ゲート通ったのよ、って事にもなってしまいますから、自動で印刷もされるATMみたいな装置にするとかもちょっと検討されてもいいのになぁ、と思います。

利用した航空会社、前回はキャセイパシフィック航空でしたが今回はEVA航空、台湾の航空会社です。キャセイの想い出はワインボトルに残ったワインを処分したかったらしくやたらとワインを勧められて5杯呑んで桃園に着く頃にはすっかり出来上がっていた事でしたが今回はそんな事もなく到着。機内食もとても美味しくてなかなか良いと思います。オススメ。

桃園について入国審査、最初日本語で話しかけてくれるんですが途中の設問が突然英語で聞かれるので要注意です。大抵は入国の目的と滞在日数を聞かれますが今回は滞在日数でした。

入国審査後はまずは両替に向かいます。空港内の両替なんてどこもたいしてレート変わらないと思うのでいつも空いている方に行きます。ここで無事台湾ドルをゲットしたら次に向かうは携帯電話会社のカウンターです。SIMフリー端末を持ち込んで旅行中の通信環境をゲットです。今回は滞在6日間なので7日のプリペイドSIMを入手しました。 NT$500で旅の間通信し放題ですからまぁお安いもので。市内いたる所にWiFiありますが結構接続数いっぱいいっぱいで全然データが通らなかったりが普通になってきてますので、あまりWiFiに頼らない通信経路の確保は必須になりつつあるような気もします。ツアーで来ている場合は空港でSIMを入手するのも時間的制約で出来なかったりするのでその場合はホテルの近くにあるセブンイレブンに行ってみても良いかもしれません。

今回はツアーではなくすべて自己手配なのでツアーバスが待っている訳でもなくのんびりです。むしろ市内に向かうバスを探さなくてはなりません。第2ターミナルでは荷物を受け取って外に出た所で左に左に行くと携帯電話会社が、逆に右に右に行くとバス会社があります。なので今回は軽く一周する感じに。バス会社も何社かありますが安心の大手、と言う事でEVERGREENのバスに乗りました。ツアーバス以外で格安に台北市内に向かうにはやはりこれです。

DSC_0014

初日はこのあとホテルにチェックインしてちょっとウィンドゥショッピングをしておしまいにしました。台湾は夜の街なのでまだまだ時間はあったのですがやっぱ飛行機での移動は疲れるので1日目は軽くなるみたいです。