三 月
13
木曜日
2014

乗り換え駅で乗り過ごさない為に

今日はたいそう酔っ払ってこの記事を書いています。

酔っ払って何が怖いって、電車で席が空いてて座ってしまい寝過ごすこと。これにつきますよね。

酔っ払って寝過ごす事そろそろ10回、酔っ払ってないのに何かに集中していて寝過ごすことすら既に3回位あります。

そこでiPhoneに標準で入っているリマインダーを用いたライフハックをひとつ。リマインダーが賢くなって位置情報を用いた通知をする事が出来るようになっています。 リマインダーを作成し、通知条件として『指定場所で通知』を選択します。これで指定した場所の近くに来るとリマインダーが通知してくれます。でもこのままでは本当に近くに来た時しか通知してくれません。そこは流石です、ちゃんと通知する範囲設定が出来ます。

通知範囲の設定をちょっと広めにすれば降りる準備などに要する時間なども生み出せます。青い丸枠をドラッグすると通知範囲を縮めたり広げたり出来ます。リマインダーですので『完了』にしなければ、また通知してくれます。これはなかなか便利。

本来はスーパーの近くに来たら牛乳を買って帰るのを忘れない事、みたいな使い方をするのでしょうがサラリーマン的には乗り換え案内の方が実用的ですね。

またこの通知範囲、反転出来ます。これはどう言うことかと言うと設定した範囲の『外に』移動した場合に知らせてくれます。例えば自宅付近に設定しておき、自宅から出掛けようとした時に『鍵閉めた?』とか通知させることが出来ます。

あんまり設定するとうざったくなって無視するようになっちゃうでしょうけれど、本当に大事な事を設定しておくと、日々見直すことも出来て便利に使えます。

こんな機能を提供するアプリなんかもあるのでしょうけれど、標準のアプリの事もたまに思い出してあげてください。