OPCELに合格しました @ keruru | 2017-02-26T13:36:31+09:00 | 4 分で読めます | 更新日時 2017-02-26T13:36:31+09:00

OPCEL is 何?

OPCELはOpenStack Professional Certification Exam by LPI-Japanの略称で、LPICなどでおなじみLPIジャパンが開催するOpenStackの技術者認定試験です。

OPCELアカデミック認定校での研修

大変ありがたいことにOPCELアカデミック認定校での研修を会社の施策で受講する事ができました。当然最低限操作するためのUnixの基礎知識は必須となりますが、仮想化の基礎からしっかり研修で教育していただけるのでとても有益なものかと思います。

ですが残念な事にOPCELを合格するにはこの研修を受講したから合格できるか、と言うと余程物覚えと理解力が高くないと無理でしょう。試験範囲が多岐にわたるためそれらを一通り理解せねばならず、おおよそ1週間程度の研修だけでは難しいと考えています。もし研修を受講する機会があるのであれば、おさらいのチャンスに用いる事をお勧めします。

学習プラン

まずはOpenStackの概要と、とりあえず自習環境を構築できるだけの知識を身につけることをお勧めします。おすすめの図書としてはOpenStackユーザー会も監修しているOpenStackクラウドインテグレーション オープンソースクラウドによるサービス構築入門です。
OpenStackクラウドインテグレーション オープンソースクラウドによるサービス構築 amazon.co.jp

OpenStackの生い立ちや概要を学べ、またインストールについても手順として載っていますのでこちらを参考に触ってみる環境を構築する事も出来ます。ただどんどん新しくなっているOpenStack、ちょっと古いこの本ではそのまま構築出来ないかも知れません。そんな時はやはりblogやslideshareなどで最近の情報を調べてみたりする事が必要になってきます。またHands-Onなども時折開催されている事があります。conppassなどで情報収集してまずは学習環境を構築する事に注力してみてください。

構築にあたっては1度で構いません、Source Codeを持ってきてすべて手でインストールしてみる事もお勧めです。devstackやRDOなどOpenStack環境を構築するツールはとても便利ではあるのですが、その中でどんな事をされているのか、それを知るには手で入れてみると理解が深まります。じゃあその手順は?と言うとこちらは日本仮想技術株式会社さんがgithubで公開されている手順書があります。様々なVersionがありますが選ぶならkiloかmitakaがお勧めです。kiloはOPCELの現在の試験のベースとなるバージョンですので試験対策としてはkiloが良いでしょう。

もちろん手ですべてをインストールした環境で学習するのも良いですが、様々操作した結果動作がおかしくなってしまったりした時、何が悪かったのか追いかけるのが大変です。もちろん不具合を追いかけることも学習につながりますしお勧めしますが、普段の学習環境としてはdevstackを用いて様々環境を変えて学んでみると良いと思います。

操作の学習はGUI→CLI

操作を試すならまずはWebブラウザでHorizonを操作しで、その後同じ事をCLIでも出来るように学習すると良いと思います。Horizonで操作してみて例えばインスタンスを起動する(VMを作成する)とこんな動作になるんだなと理解したら、同じ事を実現するコマンドを考えて操作してみて、その結果はHorizonにも現れますのでコマンドの結果がわかりやすいです。

複数台構成で勉強したくなる!

しばらくAllinOne環境で学習していると複数台構成で勉強したくなってきます。メモリをふんだんに搭載したデスクトップPCであれば何ら問題ありませんがノートパソコンやタブレットPCだとそうも行きません。そんな時は是非cloudやvpsを活用してみてください。ConoHaに複数台構成を構築するなど参考になるかと思います。

だいたいこんな感じ

試験については当然詳しくかけませんので、私が学習するにあたって実施した事を記載してみました。学習期間としては4月からなのでおおよそ11ヶ月ですが、まぁ残業なども多く時間もあまり取れなかった事もあるので、しっかり取り組めれば半年位かも知れません。

© 2006 - 2021 Keruruのブログ

Powered by Hugo with theme Dream.

avatar
About Me

ペンネーム/Nick

けるる etc

お仕事

テクニカルライティング/システムエンジニア/ネットワークエンジニア

愛用中のPC
  • NEC LAVIE ProMobile
  • SAMSUNG Chromebook Pro
  • Surface Pro 4
  • ThinkPad T440s
  • GPD Pocket
愛用中のPDA/SmartPhone
  • iPhoneSE 2nd(MAIN/docomo)
  • Unihertz TiTAN(SUB/docomo/SIM FREE)
  • OPPO Reno-A(SUB/rakuten/SIM FREE)
  • iPad Pro 11inch(SUB/docomo/SIM FREE)
愛車
  • MITSUBISHI PAJERO mini ‘2012
  • HONDA CRF250RALLY ‘2018
  • MERIDA SCULTURA4000 ‘2015
  • Carry-Me ‘2016
  • GIOS PANTO ‘2007
  • R&M BD-1 ‘2006
旅の記録2020
行き先など 北海道 海外
2020 12 鬼怒川温泉旅行
2021 02 箱根温泉旅行
旅の記録2010
行き先など 北海道 海外
2010 05 函館観光旅行
2010 09 みなかみ温泉旅行
2011 09 Gios Pantoで自転車旅(札幌・夕張・帯広界隈)
2012 03 パジェミ納車記念上諏訪温泉旅行
2012 08 西伊豆旅行
2012 09 東北キャンプツーリング
2012 10 新婚旅行(NYC-CFO)
2013 09 パジェミで北海道、道東漫遊+念願の旭山動物園
2014 08 三菱スターキャンプ参加
2014 09 台湾旅行(台湾新幹線で高雄にも)
2015 03 九州旅行(うきは旅行)
2015 09 香港旅行
2016 09 北海道ツーリング
2016 09 上諏訪旅行
2017 09 台湾旅行(現地集合現地解散)
2018 05 鹿児島・熊本旅行
2018 09 タイ・チェンマイ旅行
2019 01 高知ツーリング
2019 05 沖縄弾丸旅行
2019 05 別府弾丸旅行
2019 09 ハワイ旅行(まったりホノルルAB&B)
旅の記録2000
行き先など 北海道 海外
2000 08 夏休みで北海道帰省
2001 06 漫画家さん妙高ツーリング
2001 09 RVF400で稚内・網走・釧路・富良野・夕張(初バイク)
2002 07 夏のフーリツーリング
2002 07 CBR954RRで森・函館・稚内・網走・根室・富良野・夕張
2002 09 乗鞍岳ツーリング
2003 09 自転車で北海道(ただし札幌出たあたりで挫折)
2004 09 DJEBEL200で2002年と同じコース
2005 09 DJEBEL200にタンデムで夕張・帯広・士幌・網走・稚内と逆回り
2006 07 大阪観劇の旅(中央線をひたすら乗っていった貧乏旅行)
2007 09 XT660Rでえりも辺りでひたすら道東だけを堪能した北海道ツーリング
2008 08 四国鉄道旅行(サンライズゆめで四国入り、四国内はひたすら鈍行旅
2009 09 台湾旅行(初海外旅行)
2009 09 鈴鹿エンデューロにミニベロで参戦旅行
(C)Keruru. All Rights Reserved