iCalをリセットしたい
@ keruru · Monday, Jan 22, 2007 · 2 分で読めます · 更新日時 Jan 22, 2007

愛用しているスケジューラiCalical、個人で使ってる分には十分だけれど、もうちょっとグループウェア的にも使いたい!と色々あやしいデータやエントリーを追加している内にデータが破損してしまったみたい。起動して数秒後に勝手に落ちてしまう。これはたまらん、と思って仕方ないのでデータを削除してやり直すことにした。実際iCalに生で入っているデータは無く、google calendarのビューアとして利用している現状なので、ごっそり削除しても問題ない。と言う点は楽でいいな。

さて、削除したのはこちら。

  • ~/Library/Caches/Metadata/iCal/
  • ~/Library/Application Support/iCal/
  • ~/Library/Preferences/com.apple.iCal.*
さて、削除もしたし起動起動。と思ったらまた同じ現象が発生。あれーと思い削除しなおしている時にふと、Spotlightで不思議なデータが検索にひっかかった。削除した筈のスケジュールデータが入っているのだ。そして、それらは上記フォルダを削除したら一緒に消えた。つまり上記フォルダ内に格納されているデータで間違いない。削除した筈なのに復活してくる、、、つまりはどこか別の所にデータがあり、そのデータが復元されている訳だ。

それが判れば簡単。それらデータが格納されている別の場所を探せばよい。その結果以下にデータがある事がわかった。

  • ~/Library/Sync Services/
この領域にどうもアーカイブされている様で、ここからデータが復元されているらしい。とりあえず試しにこのデータを別の場所にアーカイブ後削除した所iCalは無事に立ち上がった。その後ここの領域を見た所またファイルが作成されているので、.mac とのsync等が正常に終了したら復元されるだろう。

ここのデータ、iCalやらその他アプリのデータとの差分データ、いわばLotusNotesのLocalDBみたいな感じの物なんだろうけれども、これだけの仕組みがしっかりしているのであれば、グループウェアがそこそこ苦労なく作れないだろうか、、、と思ってしまった。

(C)Keruru. All Rights Reserved

keruruのブログ
けるるの日常を綴る...

4k android battery blackberry blog chromebook cloud9 cms conoha core-server crf250rally dev develop devstack eco evernote gpdpocket happynewyear hugo ipad josug linux nginx nova opcel openstack papercuts taiwan the-corrs tmo ubuntu unihertz usb-c wordpress 財布

© 2020 Keruru Digit

Powered by Hugo with theme Dream.

About Me

ペンネーム/Nick

けるる etc

愛用中のPC

  • NEC LAVIE ProMobile
  • SAMSUNG Chromebook Pro
  • Surface Pro 4
  • ThinkPad T440s
  • GPD Pocket

愛用中のPDA/Smartphone

  • Xperia 1(MAIN/docomo/SO-03L)
  • Unihertz TiTAN(SUB/docomo/SIM FREE)
  • OPPO Reno-A(SUB/rakuten/SIM FREE)
  • iPad Pro 11inch(SUB/docomo/SIM FREE)

愛車

  • MITSUBISHI PAJERO mini ‘2012
  • HONDA CRF250RALLY ‘2018
  • MERIDA SCULTURA4000 ‘2015
  • Carry-Me ‘2016
  • GIOS PANTO ‘2007
  • R&M BD-1 ‘2006

お仕事

テクニカルライティング/システムエンジニア/ネットワークエンジニア

SNS