何故か不安定なNICの初期化をバッチファイルで逃がしてみた。
@ keruru · Friday, May 21, 2010 · 2 分で読めます · 更新日時 May 21, 2010

仕事でNEC製のサーバ、Express5800のデータセンターモデルと呼ばれるサーバを使っています。これにメーカーの動作確認は取れていませんが、ドライバは提供されているのでWindowsServer2003R2を入れて運用していたりするのですが、何故か一部メーカーのSwitchと起動時のネゴシエーションに失敗します。Ciscoやアライドテレシスでは問題なかったのですが、FXCのSwitchでネゴシエーションに失敗するのです。オンボードのIntelのNICで安心してたんですけれども・・・

で、調べていくと「電源断からの初回起動」では問題が無いと言う事が解ってきました。「OSの再起動」だとNGな感じ。「OSの再起動」であっても管理コンソールから入っていってOSでネットワークの無効化・有効化を実施すると接続するようです。どうやらNICの初期化にまつわるトラブルっぽい感じ。

と言う事で対処方法はわかったものの、根本解決するには一体どこのメーカーと調整していけばいいの?と言う事もあり時間がかかりそうなので、バッチファイルで暫定対処してみました。以下コ汚いスクリプトw

@echo off
:loop
set ping_check=0
set i=0

for /L %%i in (1,1,10) do (
ping 192.168.1.1
if %errorlevel%==0 call :check_add
)

:error
if %ping_check%==0 (
netsh interface set interface "ローカル エリア接続" disable
ping -n 5 127.0.0.1
netsh interface set interface "ローカル エリア接続" enable
)
goto loop
exit

:check_add
set /a ping_check=%ping_check%+1

とかこんな感じ。ルータの 192.168.1.1 へ10回疎通確認をして10回全部失敗した場合にのみ、インターフェイスをリスタート。1回程度とかだとふとした瞬間に疎通断とかありそうですしね。

早く根本解決にこぎつけたい所です。

[追記]

このバッチファイルをどーすんの?と言う問い合わせがあったので追記。タスクスケジューラ(WindowsServerだと「タスク」)に登録して、スケジュールを「システム起動時」で起動、その後ほったらかしでping打ちまくり!です(滝汗

(C)Keruru. All Rights Reserved
keruruのブログ
けるるの日常を綴る...
4k android battery blackberry chromebook conoha crf250rally dev develop devstack eco evernote ffxi gpdpocket hugo ipad josug linux motorcycle newyear nginx opcel openstack papercuts taiwan ubuntu unihertz usb-c wordpress 財布

© 2020 Keruru Digit

Powered by Hugo with theme Dream.

About Me

ペンネーム/Nick

けるる etc

お仕事

テクニカルライティング/システムエンジニア/ネットワークエンジニア

愛用中のPC

  • NEC LAVIE ProMobile
  • SAMSUNG Chromebook Pro
  • Surface Pro 4
  • ThinkPad T440s
  • GPD Pocket

愛用中のPDA/SmartPhone

  • Xperia 1(MAIN/docomo/SO-03L)
  • Unihertz TiTAN(SUB/docomo/SIM FREE)
  • OPPO Reno-A(SUB/rakuten/SIM FREE)
  • iPad Pro 11inch(SUB/docomo/SIM FREE)

愛車

  • MITSUBISHI PAJERO mini ‘2012
  • HONDA CRF250RALLY ‘2018
  • MERIDA SCULTURA4000 ‘2015
  • Carry-Me ‘2016
  • GIOS PANTO ‘2007
  • R&M BD-1 ‘2006

SNS