北米旅行はプリペイドSIMカードから。
@ keruru · Sunday, Oct 28, 2012 · 2 分で読めます · 更新日時 Oct 28, 2012

at&t go phone prepaid sim card

27日のフライトでニューヨークに来ています。来月10日までのおよそ2週間と言うそこそこの長旅です。旅先で現在地を調べたり、近くのカフェを調べたりと今時の旅には欠かせないスマートフォンなどの情報端末。日常生活でも便利ですけれど、やはり全く知らない土地で情報端末があると世界が変わります。 と言う事で空港に降り立った瞬間から、「まずはSIMカードをゲットしよう」と決めていました。

今時は海外ローミングによるパケット通信の定額サービスなんてのも始まっていますが、1日あたり数千円もかかります。2〜3日の旅行であればそれでも良いのでしょうが、今回は何と言っても2週間です。この旅行中の通信確保の為に5万円近くも払えません。そこで現地キャリアのプリペイドSIMカードを購入します。

旅行中の事ですからそこそこ有名観光地を回る事がメインです。なので観光地で使えて安いキャリアを選べば良いのですが、今回はNYCだけでなくSFOにも行く予定で、しかもSFOではレンタカーを借りてあまり観光地ではないエリアにも行くかも知れません。と言う事で選んだキャリアは安心のat&tです。

空港にも携帯ショップがありそこでもプリペイドSIMが買えるみたいでしたが、ちょっと怪しげだったので市街地に出てキャリア直営店に行きました。 at&tのプリペイドSIMカードでパケット通信する為には最低でも$25の月額プランにはいる必要があります。音声通話なんてめったにしないので不要なのですが250分の国内音声通話がついて来ます。まぁレストランの営業を確認したり予約したりするかも知れないですし、レンタカーで何かあったら携帯電話無いと困りますしまぁいいのかな、と言う割り切りみたいなものが必要ですね。 さて$25のプランに今回は滞在が長い事もあるので$25の1GB/moの定額オプションを追加しました。さらにSIMの発行手数料で$25と言う感じで$75余りがかかる感じです。ちょっと贅沢だったかも知れません。データ通信に割り切るのであればBestBuy等の量販店でプリペイドのWiFiルータを買う方が良いかも知れません。

音声通話とSIMの有効性の確認は 777# で。 パケット通信の残量確認は 777*3# で行えます。

(C)Keruru. All Rights Reserved
keruruのブログ
けるるの日常を綴る...
4k android battery blackberry chromebook conoha crf250rally dev develop devstack eco evernote ffxi gpdpocket hugo ipad josug linux motorcycle newyear nginx opcel openstack papercuts taiwan ubuntu unihertz usb-c wordpress 財布

© 2020 Keruru Digit

Powered by Hugo with theme Dream.

About Me

ペンネーム/Nick

けるる etc

お仕事

テクニカルライティング/システムエンジニア/ネットワークエンジニア

愛用中のPC

  • NEC LAVIE ProMobile
  • SAMSUNG Chromebook Pro
  • Surface Pro 4
  • ThinkPad T440s
  • GPD Pocket

愛用中のPDA/SmartPhone

  • Xperia 1(MAIN/docomo/SO-03L)
  • Unihertz TiTAN(SUB/docomo/SIM FREE)
  • OPPO Reno-A(SUB/rakuten/SIM FREE)
  • iPad Pro 11inch(SUB/docomo/SIM FREE)

愛車

  • MITSUBISHI PAJERO mini ‘2012
  • HONDA CRF250RALLY ‘2018
  • MERIDA SCULTURA4000 ‘2015
  • Carry-Me ‘2016
  • GIOS PANTO ‘2007
  • R&M BD-1 ‘2006

SNS