WindowsHomeServerを入れてみた
@ keruru · Tuesday, Oct 27, 2009 · 2 分で読めます · 更新日時 Oct 27, 2009

自宅のファイルサーバを長らくCentOS4.7にSambaで構築してきました。もっともファイルサーバとなっていますが、元々はこのBlogも設置してあったりpircなんかも居て、5系にそろそろ・・・と思いつつもなかなか手をつけられませんでした。Blogやpircと言ったプログラム類を外部ASPに追い出したので自宅サーバはこれでファイル共有とDLNA位が動いてくれれば問題ないです。あれ、わざわざCentOSやらUbuntuやらをフルにインストールしなくてもFreeNASでいいじゃん?と気づいてしまいます。でもバックアップを色々考えたりcronで環境を作ったりも面倒だよね?と言う事もあり、WindowsHomeServerに手を出してみる事にしました。

もっともそれなりの技術と自信もあるのでLinuxで全然困らないんですが、前々からちょっと興味があったので使って見たかったのよね。

と言う事でインストール。インストールには65GB以上のHDDが必要です。ファイル共有なんかをしようとする訳ですからそんな小さい事も無いでしょうけれども。

インストール途中で1度画面に「Windows Server 2003 for Small Business Server」なんて文字が出てきます。ふむ、WindowsHomeServerはSBSをベースに開発されたみたいです。インストールは本当に簡単。IPアドレスなんかはインストール時にはDHCPしか選べない徹底ぶり。勿論インストール後に固定IPに設定出来ますが。インストールにはおよそ60分かかりながらインストール完了。

中にデータの入っているHDD等をUSBで接続するとマウントし、中身が空のHDD等を接続するとストレージ容量としてどう使うか尋ねられます。使い方の選択も簡単で「データ領域にするか」「バックアップ領域にするか」の選択だけな感じでとても簡単。複数のHDDを接続していってデータ領域よりバックアップ領域が大きくなる様にすれば安心な感じでしょうか。まだ使い込んでないですが、クライアントPCのHDDをバックアップする設定も出来ます。この領域もおそらくバックアップ領域分を使うと思われますので、ファイル共有+ローカルHDDの容量=バックアップ用領域、にするのが正解なのかな?

(C)Keruru. All Rights Reserved

keruruのブログ
けるるの日常を綴る...

4k android battery blackberry blog chromebook cloud9 cms conoha core-server crf250rally dev develop devstack eco evernote gpdpocket happynewyear hugo ipad josug linux nginx nova opcel openstack papercuts taiwan the-corrs tmo ubuntu unihertz usb-c wordpress 財布

© 2020 Keruru Digit

Powered by Hugo with theme Dream.

About Me

ペンネーム/Nick

けるる etc

愛用中のPC

  • NEC LAVIE ProMobile
  • SAMSUNG Chromebook Pro
  • Surface Pro 4
  • ThinkPad T440s
  • GPD Pocket

愛用中のPDA/Smartphone

  • Xperia 1(MAIN/docomo/SO-03L)
  • Unihertz TiTAN(SUB/docomo/SIM FREE)
  • OPPO Reno-A(SUB/rakuten/SIM FREE)
  • iPad Pro 11inch(SUB/docomo/SIM FREE)

愛車

  • MITSUBISHI PAJERO mini ‘2012
  • HONDA CRF250RALLY ‘2018
  • MERIDA SCULTURA4000 ‘2015
  • Carry-Me ‘2016
  • GIOS PANTO ‘2007
  • R&M BD-1 ‘2006

お仕事

テクニカルライティング/システムエンジニア/ネットワークエンジニア

SNS